大阪市鶴見区でニューオープン!無痛整体で今までにない治療です。
メディカルアロマテラピーサロンとのコラボで体の内側から健康を造りましょう!

膝の痛み

階段の上り下りがつらい、正座ができない、歩いていると痛みが出る…など膝の痛み、関節痛にお悩みの方は少なくありません。原因はさまざまですが、放置しておくと手術が必要になったりする意外と怖い症状!ただ湿布薬などで自己治療をしていると、一時的には痛みが軽くなっても、かえって症状を悪化させかねません。


加齢やウォーキング、日本人の8割~9割ともいわれるO脚などどんな方にも当てはまる可能性があります。今は良くても将来自分の足でしっかり歩くためにも、まだ痛みがひどくないうちに原因を探してしっかりと治療を受けましょう。


骨と骨が直接当たらないようにクッションの役割をしている『関節軟骨』というものがあります。関節軟骨は神経が通っていないため、直接痛むことはありませんが、関節軟骨がすり減るなど関節に異常があるとき、関節を包んでいる関節包が引っ張られるときなどに、関節の周囲の神経が痛みます。 これらの症状は、病気によるもの、スポーツによるもの、長年の生活習慣によるもの、加齢によるものなどさまざまな原因によって起こります。


膝に痛みがある時にはどうしたらいいでしょうか。

腫れがある場合は冷やす

急な強い痛みが見られたり、膝が腫れて熱をもっている場合は氷などで冷やして下さい。無理に動かしたり階段の上がり下がりはできるだけ控えましょう。

整形外科へ行く

整骨院ではレントゲンを撮ったり、診断を下したり、痛み止めを処方する事は法律で禁止されているためできません。半月板の損傷や骨棘など手術をしなければならない場合もあります。MRIではレントゲンに映らない膝軟骨の状態もわかります。

原因を探して治療する

膝に痛みの原因があるとは限らないのでマッサージや電気をあてても一時しのぎにしかならず、根本的には改善されません。体の重心が片方に寄っていたり、股関節がねじれているO脚など、さまざまな角度から原因を探り、解消していきます。

階段の下りがつらく出かける事を控えていた70代の患者様も息子さんのご紹介で当院を知って頂き、今ではお友達とお茶をしたり、教室に通ったりと元気に活動されていますよ。笑顔の多い健康な毎日が送れるよう、一緒に根本から治して行きましょう!