大阪市鶴見区でニューオープン!無痛整体で今までにない治療です。
メディカルアロマテラピーサロンとのコラボで体の内側から健康を造りましょう!

腰痛


他にもたくさん良いお声を頂いてます!患者さまの感想はこちらからご覧ください!

今や日本人の男性が訴える症状の1位、女性が訴える症状の2位(1位は肩こり)である腰痛。10人に1人が腰痛に悩まされています。腰は、腰椎という5つの骨がブロックのように積み上げられています。この腰椎に負担がかかったり障害が起きることで腰痛が発症しますが、他にもさまざまな原因があるとされています。


腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度といわれています。腰椎が直接障害される圧迫骨折、椎間板ヘルニアなどが代表的です。残りの約85%は、レントゲンなど専門家による検査でも原因が特定できていません。このような腰痛は、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、レントゲンや見た目ではわからない神経の障害によって痛みが生じることもあります。


このように、腰痛になりやすいタイプはさまざま。その他にも、重い荷物を運ぶ事はもちろん、きつい下着をつけていると締め付けにより血行が悪くなり、ぎっくり腰になりやすくなります。ハイヒールを履くと体のバランスが崩れ、腰への負担を大きくします。当てはまる項目がひとつでもあれば要注意!


長距離運転手/タクシードライバー

車を運転する職業の方です。座っているだけでも筋肉を使っているため、知らないうちに疲労が溜まり最終段階で腰痛として症状が表われます。 そして長い時間運転をすると座る姿勢も崩れてくるため、腰も痛めやすくなります。

土木作業員/配送業/看護師/介護士

重いものや人を持ち上げる必要のある職業です。 持ち上げ方に注意しなければ、突然のぎっくり腰に見舞われる事に。ぎっくり腰は再発リスクも高く、軽く見ると痛い目に…。

美容師/ネイリスト

腕を上げたままや腰を曲げた無理な姿勢をキープする事が多い職業です。前傾姿勢を取ることで、肩の位置が左右ずれている方もいます。不自然な姿勢は不自然な場所に負担をかけていますよ!

事務職/プログラマー

パソコンやデスクに一日中向かう職業です。上半身の重さと座面の反発力の両方が腰椎にかかります。また、同じ姿勢を取り続ける事で結構が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。崩れた姿勢で座リ続ける事により、椎間板に大きな負担がかかります。

料理人/パティシエ/販売員/案内係

いわゆる立ち仕事です。常に腰椎で上半身の重さを受け止めていることになります。蓄積型の筋肉疲労と腰の反り返りで椎間板へ大きな負担がかかります。また、女性でサービス業についておられる方は仕事中にヒールを履く事で体のバランスが崩れ、腰痛のリスクが高まります。

妊婦/主婦

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて重心が変わってくるため、妊娠前とは違う場所に負担がかかるようになってきます。 女性ホルモン・リラキシン の分泌により関節がゆるくなるため、重心やバランスの影響を大変受けやすくなっています。 そして子供の抱っこや掃除機掛け、洗濯を干す、洗い物など腰を痛める動作はたくさんあります。

ここに挙げた職業すべての方に症状が表われるわけではなく、多かれ少なかれ、負担のある職業ばかり。それほど日々の暮らしと腰痛のリスクは近くに転がっています。再発リスクも高いので、きちんと自覚して原因を探り、日常生活で気を付ける事により腰痛の解消や姿勢の改善ができます。笑顔の多い健康な毎日が送れるよう、一緒に根本から治して行きましょう!